歴代ライカコンパクトデジカメラインナップ

 

ライカ C-LUX の発売で俄然、盛り上がっているライカ・コンパクトデジカメ市場だが、

この記事では、そんなライカ歴代コンパクトデジカメを振り返ってみることにする。

ライカは、コンパクトデジカメを、1989 年の AF-C1 発売からの歴史がある。

それぞれ、シリーズとして、発売されています。

 

LEICA C-LUX

Leica C-Lux - Get closer to the ones you love from Leica Camera on Vimeo.

ライトゴールドとミッドナイトブルーの2色をラインアップ

  • Wi-Fi接続機能を搭載
  • 10コマ/秒の連写機能
  • 高速オートフォーカス機能
  • 35mm判換算24-360mm相当の光学15倍ズームレンズ
  • 2000万画素を超える1型センサー

ライカC-LUX // コンパクトデジタルカメラ // フォトグラフィー - Leica Camera AG

[PY] フォトヨドバシ LEICA C-LUX 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

LEICA D-LUX

開放F 1.7 という極めて明るいレンズを持っている。

  • 広角側 F 1.7 望遠側 F 2.8
  • 一眼スペックが得られるコンパクトデジカメである。
  • 有効画素数 1280 万画素
  • 焦点距離 35mm判換算で24~75mm相当
  • 最短撮影距離 3 cm

  • 記録フォーマット JPEG,DNG,DNG+JPEG可

Wi-Fi,NFC 機能搭載

iPhone やスマホで撮影できる。

また、NFC (近距離無線通信)にも対応しており、対応スマホにかざすだけで接続する。

 

発売年 2014 年

ライカD-LUX // コンパクトデジタルカメラ // フォトグラフィー - Leica Camera AG

LEICA V-LUX

  

旅行やスポーツ、アウトドアなど、「ライカV-LUX」はオールマイティに活躍するカメラ。

マクロから望遠まで。

光学16倍の超望遠レンズを搭載。

35mm 判換算で 25~400 mm のレンズを搭載する高倍率ズームコンパクトデジカメ。

広角側で F 2.8 望遠側で F 4.0 という明るいレンズを搭載。

この高倍率レンズの特徴として、歪曲・収差が少ない。

センサーには、有効画素2010万画素の1.0 型CMOSセンサーを搭載。

モニター

180 度、展開し、上下に270 度、回転し、ハイ&ローアングルの撮影に

  • 有効画素数 約 2010 万画素
  • 焦点距離 25〜400 mm 相当
  • 最短撮影距離 3 cm
  • 記録フォーマット JPEG,DNG,DNG+JPEG可
  • ISO 感度 80 〜 12500 、オート

発売年 2014 年

ライカV-LUX // コンパクトデジタルカメラ // フォトグラフィー - Leica Camera AG

LEICA C

  

ズーム比 7.1 倍という高倍率ズームレンズや高精細EVF を備えている。

エレガントなデザインは、自動車メーカーのアウディ。

広角側 F 2.0 と非常に明るい。

  • 有効画素数 1210 万画素
  • 焦点距離 28~200 mm 相当
  • 最短撮影距離 3 cm
  • 記録フォーマット JPEG,DNG,DNG+JPEG可

発売年 2013 年

【参考書籍】